工場を整理整頓するコツは? 簡単にできる&効果が高い方法を伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「工場が散らかりがちなので、上手に整理整頓する方法を知りたい」とお考えでありませんか? 工場の生産効率を高めるためにも、工場の整理整頓には重要な意味があります。それに、不要なものが散らかっていると、従業員が踏んだりつまずいたりして、思わぬケガや事故につながりやすいものです。しかし、実際に整理整頓を進めようとしても、何から手を付けてよいのかよく分からないことでしょう。

そこで今回は、工場を整理整頓するコツについて詳しく解説します。

  1. 工場の整理整頓が重要な理由
  2. 工場の整理整頓を成功させるコツ
  3. 工場を整理整頓するコツに関するよくある質問

この記事を読むことで、工場の整理整頓を効率よく進めるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.工場の整理整頓が重要な理由

最初に、工場の整理整頓がなぜ重要なのか、主な理由を見ていきましょう。

1-1.作業効率を高めるため

工場の整理整頓は、作業効率を高めるために必要不可欠です。各工程での作業がスムーズに行われ、連携することで効率が高まります。もしも工場の整理整頓ができていなければ、無駄な動きが増えて生産効率が落ちてしまうことでしょう。場合によっては、生産目標に届かない、納期に間に合わない、といった問題につながることもあります。

1-2.生産コスト削減のため

工場の整理整頓は、生産コスト削減のためにも重要です。ものが散らかっていて作業効率が落ちると、一つの製品を作る時間が長くなってしまいます。すると、その分工場を長く稼働させることになるため、光熱費などの諸経費が増加することでしょう。また、従業員の勤務時間が長くなり、人件費も上昇します。企業の利益を上げるには、生産コストを下げることが重要です。しかし、工場の整理整頓ができていないと、生産コストが増加する一方になります。

1-3.従業員のケガや事故を防ぐため

従業員のケガや事故を防ぐためにも、工場の整理整頓を徹底することが必要です。材料や工具などが散らかっていると、従業員がつまずいたり踏んだりしてケガをする可能性があります。場合によっては、工場機械に接触するなどして大きな事故につながることもあるでしょう。従業員をケガや事故から守り安全に業務を進めてもらうためにも、工場の整理整頓は重要なことなのです。

2.工場の整理整頓を成功させるコツ

工場の整理整頓を成功させるには、いくつかコツがあります。

2-1.5Sを参考にする

工場の整理整頓を成功させるには、5Sを参考にするとよいでしょう。具体的は、以下のとおりです。

  • 整理:不要なものを処分する
  • 整頓:使いやすいように並べる
  • 清掃:キレイな状態に掃除する
  • 清潔:キレイな状態を維持する
  • 躾(しつけ):キレイに使うように習慣付ける

いずれも徹底して行うことで、高い効果が期待できます。

2-2.整理整頓の方法を分かりやすく示す

工場をキレイに片付けるには、整理整頓の方法を分かりやすく示すことも心がけましょう。たとえば、分かりやすいマニュアルを作る、工場内に整理整頓の方法を文書や図で示すといった感じです。ステッカーを作成し、工場の床や棚などに貼るのもよいでしょう。外国人の従業員がいる場合は、日本語以外の言語で併記することも忘れないでください。

2-3.従業員の教育を定期的に行う

工場の整理整頓を行うのは、現場で働く従業員です。したがって、従業員の教育をきちんと行うことが大きなカギになります。いくら上から指示しても、従業員のモチベーションが低いのでは、十分な成果を出すことができません。工場の整理整頓を行うとどんなメリットがあるのかを教育し、従業員が進んで実施できるように持っていきましょう。

2-4.定期的に現場をチェックする

定期的に現場をチェックし、整理整頓ができているか確認することも大切です。事前に告知してチェックするほか、抜き打ちチェックを行うのもよいでしょう。チェックされると分かっているときだけできていても意味がないからです。なお、整理整頓ができていない場合は、何が原因なのか突き止め、改善策を考えて対策していきましょう。

2-5.従業員からの改善提案に耳を傾ける

工場の整理整頓を成功させるには、従業員からの改善提案に耳を傾けることも重要なポイントです。よかれと考えて決めた方法が、実はやりづらいということもあります。整理整頓がうまくいかないときには、何らかの問題点があるはずです。的確に改善するためにも、従業員にやりづらいことはないか、もっと改善するにはどんな方法があるかを聴いて参考にしましょう。

3.工場を整理整頓するコツに関するよくある質問

最後に、工場を整理整頓するコツに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.せっかく工場を整理整頓してもすぐに散らかってしまうのですが?
A.整理整頓の方法を見直す必要があります。たとえば、従業員が整理整頓の方法を理解していない、何らかの理由で正しく実施していないこともあるでしょう。従業員から話を聞き、どんな点が問題なのかを突き止め、解決する必要があります。

Q.工場の整理整頓を進めると必ず業績アップできる?
A.業績アップにつながりやすいのは事実ですが、工場の整理整頓を進めただけでは必ずしも期待した成果が出るとはかぎりません。自社の製品の魅力をアップすべく技術を磨いたり、営業戦略を見直したりして総合的に考えることが必要です。

Q.工場が整理整頓されていない状況で従業員がケガをしたら企業の責任になる?
A.はい。ケガの原因が、明らかに整理整頓されていないことによる場合は、企業の責任を問われるでしょう。なお、勤務中のケガとなるため、治療時には労災が適用されることになります。

Q.工場の整理整頓を業務時間外に行ってもよい?
A.構いません。ただし、時間外労働としてカウントし、時間外賃金を支払う必要があります。工場の整理整頓も、業務の一つであることに変わりないからです。まずは、なるべく業務時間内に作業できるよう調整してみましょう。

Q.工場の整理整頓を管理するのは誰が適任か?
A.安全管理者や衛生管理者の有資格者が適任でしょう。安全管理者は、一定の学歴があることと厚生労働大臣の定める研修を終了していることが資格取得の際に必要です。また、衛生管理者になるには国家試験に合格する必要があり、一定の受験資格が必要になります。

まとめ

今回は、工場を整理整頓するコツについて詳しく解説しました。整理整頓が行き届いた工場は、生産効率が高く、短時間で多くの製品を製造することが可能です。反対に、散らかった状態では、生産効率が下がって経費も増えてしまいます。また、従業員のケガや思わぬ事故につながることがあるのも問題です。まずは、工場の状況を把握し、具体的な対策を考えて実施していきましょう。併せて、従業員が積極的に整理整頓できるよう教育したり定期的にチェックしたりすることもおすすめです。