工場の点検業務は必要不可欠! 点検が重要な理由や点検業務が抱える問題点

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

工場の点検業務とは何なのか、どのような内容を点検するのか気になっている方は多いでしょう。工場の点検業務は、製品の品質や高いレベルの稼働率を維持するために必要です。工場を運営していくためには必要不可欠な点検ですので、工事の点検業務を行う方は重宝されます。ただ点検するだけでなく、点検業務が抱える問題点や改善ポイントもしっかりと押さえておかなければなりません。

そこで、本記事では、工場の点検業務で押さえておきたいポイントを解説します。

  1. 工場の点検が重要な理由は?
  2. 工場の点検業務とは?
  3. 工場の点検業務が抱える問題
  4. 工場の点検業務を改善するポイント
  5. 工場の点検業務に関してよくある質問

この記事を読むことで、工場の点検が重要な理由や点検業務で抱える問題点なども分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.工場の点検が重要な理由は?

まずは、工場の点検が重要な理由をチェックしておきましょう。

1-1.発生しやすいトラブルの予防

工事の点検が重要なのは、発生しやすいトラブルを未然に防ぐことができるからです。工場にとって製品を生み出す設備はとても大切な要になるでしょう。不具合が発生し設備が停止すると、生産ラインがストップしてしまいます。その間の利益は得ることができなくなり、多大な損失を被ることになるでしょう。工場にとって生産ラインの停止は致命的なトラブルですので、このようなトラブルを未然に防ぐためにも毎日の点検は必要不可欠です。

1-2.製品の品質維持と向上

製品の品質を維持し、向上するためにも点検業務は重要なポイントです。設備に問題が生じれば、製品の品質に悪影響を生じてしまい、品質が著しく低下してしまうでしょう。品質が低下すれば工場・企業の評判が落ち、利益圧迫を招くことになります。取引先や顧客に迷惑をかける恐れもあるため、しっかりと設備点検を行い、品質を維持することが大切です。また、しっかりと点検を行うことで、製品の品質向上にもつながります。

1-3.設備の老朽化が把握しやすくなる

点検をこまめに行うことで、設備の老朽化が把握しやすくなるメリットもあります。設備はずっと使い続けられるわけではありません。特に、工場で使う設備は常に稼働している状態なので、老朽化が早く訪れる可能性が高いでしょう。設備が老朽化すると不具合が起きやすくなったり、従業員がケガをしたりするなどさまざまなリスクが発生します。それらのリスクを減らし、老朽化を把握するためにも設備点検が必要なのです。

2.工場の点検業務とは?

ここでは、工事の点検業務について詳しく説明します。

2-1.法定点検と自主点検

工場の点検業務には、主に法定点検と自主点検の2つがあります。
法定点検は、法律で定められた点検のことです。労働安全衛生法において、機械換気設備の点検は2か月に1回行わなければならないと定められています。各法律に基づいて点検を行わなければ、法律違反として罰せられることになるので注意が必要です。
そして、自主点検は自分たちで自主的に行う点検となります。頻度や点検内容は企業によって異なり、自社で定めた項目や基準に沿って行うことになるでしょう。

2-2.設備が正常に稼働できているか

どのような内容を点検するのか気になっていると思いますが、基本的に、生産設備が正常に稼働できているか、効率的に動いているかを確認します。ただ、目で確認するだけでなく、生産設備に設置されているメーターなどから数値を確認し、点検チェックシートに記録することが大切です。日々記録することで、設備の異常を早急に把握しやすくなります。常に、稼働状況が把握できるように点検を行いましょう。

2-3.事後保全も大切

工場の点検は設備の状態をチェックするだけではありません。トラブルを未然に防ぐのはもちろんのこと、事後保全も大切な点検内容となります。事後保全とは、不具合が起きた設備を調べ、その原因を突き止めて改善することです。なぜ不具合が起きたのか、きちんと原因を調べなければ対策を施すことはできません。原因が分かれば、次にどのような対策をすべきか具体的な案を出すことができるでしょう。

3.工場の点検業務が抱える問題

ここでは、工事の点検業務が抱える問題をピックアップします。

3-1.人的ミス・ばらつきが起きやすい

工場の点検は目視が基本になりますが、チェックシートへの記入ミスが目立ったり、システムの入力ミスが発生したりするなど人的ミスが起きやすい傾向があります。人の手で点検を行うにあたり、どうしても人的ミスは発生するものです。できるだけ、人的ミスを減らすことが、点検業務の大きな課題といえるでしょう。また、点検者によって書き方や精度にばらつきが生じることもあります。ばらつきが生まれると、点検データの整合性が取れず正しいデータが分析できなくなるでしょう。

3-2.データの共有や確認に時間がかかる

工場の点検でよく問題にあがるのが、データの共有不足や共有にタイムラグが発生することです。点検に使用するチェックシートはほとんどが紙なので、データの読み取りやシステムへの入力作業が必要になります。すると、点検時のデータを現場に反映するまで時間がかかり、異常が発生していたとしてもすぐに共有できず対応が遅れてしまうのです。また、点検データが膨大であればあるほど、多大な時間と労力が発生することになります。点検業務自体に負荷がかかり、工場全体の生産性低下につながる恐れもあるのです。

3-3.点検漏れ

人の手で工場の点検を行っていれば、点検漏れも発生しやすくなります。特に、自主点検では自社のルールや点検内容をしっかりとマニュアル化して、共有することが大切です。しかし、ルールに基づいて点検を行っていても、点検漏れが起きるケースもあります。その原因は、点検を担当する人が休んでしまいいつもどおりに行えなかった・通常業務が忙しく点検に時間を割けなかったなど多種多様です。点検漏れの問題点は、どの工場でも改善していかなければならないポイントといえるでしょう。

3-4.点検のデータが有効活用できていない

しっかりと点検を行っていたとしても、そこで得たデータを有効活用できていない工場や企業はたくさんあります。点検業務はただ設備の点検をするだけでなく、データをいかに工場運営へ反映させるかどうかが大切なポイントです。そして、点検で得たデータを有効活用するためには、ヒューマンエラーを少なくすること・正しいデータをしっかりと蓄積することが重要となります。点検のデータを上手に活用するために何ができるのか、どのようなことをすればいいのかは、点検業務における大きな課題です。

4.工場の点検業務を改善するポイント

ここでは、工事の点検業務を改善するポイントについて詳しく説明します。

4-1.設備保全システムを導入する

工場の点検業務を改善するポイントとして、設備保全システムを導入する方法があります。設備保全システムとは、点検結果や設備に関する情報・保全計画などをまとめて管理できるシステムのことです。CMMSとも呼ばれており、設備保全システムを導入することによって業務やデータが可視化できます。可視化できるということは、適切なタイミングで点検を行ったり、設備の状態やパフォーマンスをデータ分析しやすくなったりできるというわけです。製品の品質向上や効率的な生産性の実現につながります。

4-2.IoT化する

点検業務をIoT化する方法もあります。IoTとは、Internet of Thingsの略語でインターネットとものを接続する技術のことです。設備点検を人の手で行っている工場が多いと思いますが、それをインターネットとつなぐことでよりモニタリングしやすくなるメリットがあります。医療分野で進んでいたIoT化ですが、最近では製造業界でも取り組むところが増えてきました。すでに、IoT化を取り入れている工場ではカメラで設備メーターを読み取りデータ化したり、遠隔からデータを取得したりしています。広大な工場の場合、人の手間と時間を省けるので効率性が向上するでしょう。

4-3.設備点検を外注する

自社で設備点検を行っている場合は、設備のメンテナンスを外注する方法もあります。外注することでメンテナンス業者のノウハウを使用できるほか、社内リソースを別業務に配置することが可能です。現在は、さまざまな分野で人材不足となっているため、社内リソースはとても重要でしょう。人材確保の手間が省けるのも外注の大きなメリットです。ただし、社内の人件費は抑えられますが、結果的にコストがかかる可能性もあります。外注のデメリットも踏まえた上で活用することが大切です。

4-4.電子化する

紙を使った点検チェックシートは、データを入力するという手間と時間がかかります。点検業務の無駄やムラをなくしたい場合は、点検チェックシートを電子化する方法がおすすめです。電子化することでデータが管理・分析しやすくなり、製品の品質向上に役立ちます。大手電子機器メーカーでは電子化を導入したことで、膨大な点検データをすぐに確認・承認できるようになり、管理業務の時間が大幅に短縮できたそうです。また、チェックシートの電子化によって、設備の状況・トラブルの原因などもリアルタイムに分析し、すぐに対策を立てることもできます。

5.工場の点検業務に関してよくある質問

工事の点検業務に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.点検業務を効率化できた事例は?
A.カーボン製品メーカーにおいて、製造ラインの問題でセンサーが取り付けられず、アナログ作業に時間と手間がかかる・情報共有ができないなどの問題を抱えていました。けれども、センサーが使えない目視での点検は端末に直接入力し、センサーで取得した情報は直接データに反映させることで点検業務に関わる作業が約4時間短縮できたのです。このように、できるだけデジタル化することで、作業効率アップにつながります。

Q.アナログデータのデメリットは?
A.データの共有が遅くなったり、ばらつきが生じたりするだけでなく、設備点検における手順教育が必要になる点です。点検をする人によって読み取り方法やチェック回数などが異なると、正しいデータが得られなくなります。また、点検作業員の交代が発生するたびに、引き継ぎの時間がかかるのです。

Q.IoT化で期待できる効果は?
A.設備などにカメラを設置することで、アナログメーターを自動的に読み取ることができます。その結果、広大な工場内を巡回したり、手書きで点検したりする作業がなくなるのです。巡回・点検業務にかかる労力や時間を大幅に削ることができます。また、トラブル発生前に対処できるほか、点検データの管理にかかる負荷を軽減できるのも大きなメリットです。

Q.遠隔支援とは?
A.名前のとおり、離れた場所から現場で働いている従業員をサポートするシステムのことです。具体的に説明すると、オンラインで現場とオフィスをつなぐ取り組みとなります。そうすることで、オフィスでは現場の状況を逐一情報や音声で確認できるようになり、的確な指示が出せるようになるのです。また、遠隔支援ができれば、速やかに正確な情報を共有できます。

Q.工場の点検業務に役立つ資格は?
A.保守点検で役立つ資格が、機械保全技能士です。機械保全技能士とは、点検業務によって製造ライン全体の不備や故障を未然に防ぎ、正常に製造ラインが稼働するようにする仕事となります。特級・1級・2級・3級の資格種類に分かれており、実務経験がどのくらいあるかによって受験できる資格が異なるので注意が必要です。初心者の方は、3級から受験するといいでしょう。なお、特級は5年以上の実務経験が必要になるため、取得している方はさまざまな分野の工場で重宝されます。

まとめ

工場の点検業務は、生産設備が効率的に稼働できているか、稼働状況を定期的に監視します。生産設備に不具合が生じると生産効率が下がり、製品の品質も悪くなるでしょう。生産効率を高め、維持するためにも工場の点検業務は必要不可欠です。また、常に問題点をピックアップし、改善していくことも必要となります。工場の点検業務はただ生産設備を点検するだけでなく、常に問題点を探し、工場の生産効率を高めようとする姿勢と努力が大切です。