カテゴリー:電気工事士

電気工事士の技能試験について解説! 特徴や勉強方法のコツを紹介

「電気工事士の資格取得を目指しているが、技能試験の対策がよく分からず不安だ」と悩んでいる人はいませんか? 電気工事士の技能試験は、実際に工具を用いて電気工作物を作る試験です。初めて試験に挑戦する人は、どうやって勉強すれば効率よく合格に必要な力が身につくのか分からないケースもあるでしょう。

そこで今回は、電気工事士の技能試験の内容や勉強法について紹介します。

  1. 電気工事士の技能試験について
  2. 電気工事士の技能試験を受験する準備について
  3. 電気工事士の技能試験に合格するための勉強法
  4. 電気工事士の技能試験に関するよくある質問

この記事を読めば、工具や練習材料の購入方法なども分かるでしょう。電気工事士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士の試験や仕事に使う工具とは? おすすめのものを一挙紹介!

電気工事士は学生から社会人まで幅広い世代に人気のある資格です。資格取得を目指し、勉強に励んでいる人も多いことでしょう。電気工事士は学科試験と技能試験があり、技能試験には自前の工具を購入してのぞむ必要があります。ですから、「どんな工具を買えばいいのか悩んでいる」という人もいるでしょう。

今回は、電気工事士の試験に必要で仕事にも使えるおすすめの工具を紹介します。

  1. 電気工事士の資格取得に必要な工具について
  2. 電気工事に必須な工具とあると便利な工具
  3. 電気工事士の工具を購入する方法
  4. 電気工事士の工具に関するよくある質問

この記事を読めば、工具の購入方法についてもよく分かるでしょう。電気工事士の取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気工事士の資格取得に必要な工具について

はじめに、電気工事士の試験に工具が必要な理由や工具選びの重要性を紹介します。

1-1.電気工事士の技能試験は工具が必要

電気工事士の技能試験は、実際に工具を用いて電気工作物を製作します。そのため、受験生は自分で工具をそろえて試験を受けなければなりません。なお、試験に使用した道具はそのまま仕事でも使うことができます。

1-2.電気工事士の工具は一般的なもの

電気工事士の試験や仕事に使う工具は、ペンチやドライバー・スケール(メジャー)など、一般的な工具です。ですから、すでに工具をある程度持っている人は、それを流用してもいいでしょう。ただし、100円ショップで販売されているような安価な工具はおすすめできません。つくりが甘かったり耐用年数が短かったりします。

2.電気工事に必須な工具とあると便利な工具

この項では、電気工事士に必要な道具や持っていると便利な工具を紹介しましょう。

2-1.資格取得のためには指定工具をそろえる

電気工事士の技能試験には、指定工具が定められています。第二種電気工事の場合は以下の6種類です。

  • ペンチ
  • ドライバー(マイナス・プラス)
  • ナイフ
  • スケール
  • ウォーターポンププライヤー
  • リングスリーブ用圧着工具(JIS C 9711:1982・1990・1997適合品)

つまり、最低限これだけの道具をそろえないと試験を受けられません。学科試験に合格したら、まず指定工具を購入してください。

2-2.合格クリップはあると便利

電気工事士の技能試験に合格した人の体験談には、指定工具以外に試験で使える便利な工具がたびたび登場します。合格クリップもその1つです。合格クリップとは、針金を折り曲げたわっかのような形ので、圧着作業をするときの補助具として用います。誤接続を防ぐこともでき、3本目の手としても活躍するので買っておいて損はありません。このほか、ニッパーも作業時間短縮のために便利な道具です。練習のときに何種類か使ってみて、便利だったものを試験当日使ってもいいでしょう。

2-3.試験の練習用材料も一緒に購入する

工具と一緒に技能試験の練習用材料も購入しましょう。技能試験の勉強は、実際に工具を用いて電気工作物を組み立ててみることが一番です。また、試験勉強をしながら工具の扱い方にも慣れておきましょう。本番で新品の工具を使ってもうまくいきません。

3.電気工事士の工具を購入する方法

この項では、電気工事士の試験や仕事で使う工具の選び方や平均予算などを紹介します。

3-1.初心者は工具セットの購入がおすすめ

電気工事士の試験に必要な工具は、セットになって通販されています。「電気工事士 工具セット」で検索するといくつもヒットするでしょう。セットの値段は1万5千~2万円程度が相場です。高いように感じられるかもしれませんが、仕事にも使えるので思い切ってよいものを買いましょう。

3-2.単体で購入する場合、安いものは避ける

単体で工具を購入したい場合、ホーザンやMCCなどのメーカーのものを購入しましょう。1つあたり千円~5千円台が相場です。同じような工具でも、安いものは使いにくかったり試験会場に持ち込めなかったりします。

3-3.古いものを無理に使用しない

ネットオークションやフリマサイトでは、中古の工具が販売されています。中には市価の3~4割で販売されているものもあり、「こっちのほうが安くていいな」と思う人もいるでしょう。しかし、古い工具は突然壊れたり使い勝手が悪かったりします。また、写真で見たらとても綺麗だったのに、届いた実物はサビだらけだったといったトラブルもあるでしょう。また、家に長年保管されていた工具も同様です。使い勝手を確かめて、悪いようならば新品を購入しましょう。

4.電気工事士の工具に関するよくある質問

この項では、電気工事士の工具に関する質問を紹介します。

Q.左利き用の工具はあるでしょうか?
A.販売されているものもあるので、探してみてください。

Q.試験日に工具を忘れた場合、会場で貸してくれますか?
A.いいえ、一切貸してくれません。必ず忘れないようにしましょう。また、同じ工具を持ってくる人も多いので、名前を書いておくのもおすすめです。

Q.工具箱は必要でしょうか?
A.必須ではありませんが、道具をよりよい状態で持ち運びたい場合は購入してください。

Q.新しい工具のほうが使いやすいものですか?
A.はい。その傾向はあります。ですから、できるだけ新品を購入してください。

Q.女性用の小さな工具は販売されていますか?
A.専用のものは販売されていませんが、用途が同じで小さくつくられている工具は販売されているので、手の大きさに合わせて選びましょう。

まとめ

今回は、電気工事士の試験や仕事に必要な工具について解説しました。現在はホームセンターで安価な工具がたくさん売られているので、専用の工具は高く感じられるかもしれません。しかし、資格を取得して電気工事士として働く場合、何年も使えるもものです。まずは試験に使う一式を購入し、練習をしながら必要だと思うものがあったら買い足していきましょう。よく手になじませておけば、本番でもスムーズに使うことができます。学科試験に合格したらすぐに購入してください。ネット通販を使うと便利です。

電気工事に必要な資格を紹介!! 取得するメリットも解説

電気工事は建設工事からリフォーム工事までさまざまな場所で行われます。また、電気工事は原則として電気工事士の資格を取得しなければ行えません。そのため、資格を取得したいと考えている人も多いことでしょう。電気工事士は受験資格が定められていないため、学生から社会人まで幅広い世代に人気があります。今回は、電気工事に必要な資格や取得方法を解説しましょう。

  1. 電気工事の内容や資格について
  2. 電気工事士の概要や取得するメリット
  3. 電気工事士の資格取得方法と勉強のコツ
  4. 電気工事の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士試験の勉強のコツも分かります。電気工事士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


工場で行う電気工事について解説! 特徴や必要な資格とは?

電気工事はいろいろなところで行われています。その中でも、工場での電気工事は常に一定の需要があり、求人も多めです。「工場内の電気工事を行う求人があるが、仕事内容を詳しく知りたい」と思っている人もいるでしょう。今回は、工場で行う電気工事の内容や、工場で行う電気工事の特徴などを紹介します。

  1. 工場で行う電気工事の内容や特徴
  2. 工場で行う電気工事の仕事
  3. 電気工事士の資格取得方法
  4. 工場での電気工事に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事を行うのに必要な資格や資格の取得方法も分かります。電気工事士の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士

漏電調査はどんなときに必要?漏電調査を行える資格について解説!

「何もしていないのに、ブレーカーがよく落ちる」「電気代が急に上がった」。このようなことに悩んでいる人はいませんか? その原因は、漏電の可能性があります。漏電は、火事や感電の原因となる危険なものです。その一方で、「漏電しているらしいが、どうやって対処していいか分からない」という人もいるでしょう。

そこで今回は、漏電の原因と調査方法・対処方法を紹介します。

  1. 漏電の基礎知識
  2. 漏電の調査方法
  3. 漏電の調査を行える資格について
  4. 漏電の調査に関するよくある質問

この記事を読めば、漏電を調査する資格についてもよく分かるでしょう。漏電について詳しく知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士

電気工事士の実務経験の期間・内容を解説。虚偽報告をした場合の罰則は?

電気工事士は、社会人にも人気の資格です。「転職や就職のために電気工事士の資格を取得したい」と考えている人も多いことでしょう。電気工事士には第一種と第二種があり、第一種の免状を交付してもらうには3~5年の実務経験が必要です。そのため、まず第二種を取得し、実務経験を積みながら第一種取得を目指す必要があります。しかし、「ちょっとくらい経歴をごまかしてもばれないのではないか?」と考えている人もいるかもしれません。

そこで今回は、第一種電気工事士の免状を交付されるために必要な実務経験期間や、虚偽の申請をした場合の罰則などについて解説します。

  1. 電気工事士の資格と実務経験
  2. 実務経験の種類と期間
  3. 電気工事士の実務経験で虚偽報告をした場合
  4. 電気工事士に関するよくある質問

電気工事士の資格取得は難しいの?

この記事を読めば、第一種電気工事士の免状を交付してもらうのに必要な実務経験の内容もよく分かるでしょう。第一種電気工事士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士が人手不足になる理由を解説。有資格者の需要は増加する?

「電気工事士は興味がある資格だが、取得しても資格を活用して仕事ができるか不安だ」と思っている人もいるでしょう。「就職に役立つ」と言われている資格はたくさんありますが、苦労して取得しても有資格者の需要がなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。では、電気工事士はどうでしょうか? 実は、電気工事士は将来の人手不足が今から心配されています。
今回は、電気工事士の需要や将来性などを紹介しましょう。

  1. 電気工事士の人手不足が懸念される理由
  2. 電気工事士の人手不足を防ぐための試み
  3. 電気工事士を取得するメリットと取得方法
  4. 電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士の試験勉強のコツも分かります。電気工事士の資格に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士でなければできない作業を解説。無資格でもできる作業はある?

電気工事はガス工事や水道工事とは異なり、電気工事士の資格を持っているしか行えません。しかし、電気に関する工事はたくさんあります。「電気工事士しかできない作業とは何か分からない」と疑問に思っている人もいるでしょう。
そこで、今回は電気工事士でなければできない作業を紹介します。

  1. 電気工事でなければできない作業とは?
  2. 電気工事士の資格について
  3. 電気工事士の資格取得方法
  4. 電気工事士でなければできない作業に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士の資格取得方法もよく分かるでしょう。電気工事士の資格に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士

コンセントの交換工事は個人では不可? 電気工事を行える資格について解説

コンセントを増加・交換したいと考えている人は多いと思います。特に、築年数がたった家は、コンセントの差込口が少なかったり、差込口が壊れたりしていることもあるでしょう。また、コンセントプラグも使用しているうちに、傷んできます。コンセントの取り替え自体は、それほど難しいことではありません。しかし、電気関係の工事を行うには資格が必要です。
そこで、今回はコンセントの交換ができる資格を紹介します。

  1. コンセント交換は個人でも可能?
  2. コンセント交換に必要な資格
  3. 電気工事士の資格を取得する方法
  4. コンセントの交換や電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、資格取得の方法もよく分かるはずです。電気関係の資格取得を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士

電気工事士の一種・二種の違いを知りたい! 資格試験のポイントは?

「電気工事士」は、ビル・工場・商店・一般住宅などの電気設備の工事を行うために必要な国家資格の1つです。電気工事は一定の資格を取得している人でなければ行うことができません。つまり、電気工事は電気工事士の資格を所有している人だけが行える特殊な仕事といえるでしょう。そんな電気工事士には、電気工事の範囲によって「第一種」と「第二種」に分かれています。自分の仕事に適した資格の種類を選択しなければなりません。

本記事では、電気工事士の第一種と第二種の違いと、資格取得のポイントについて解説します。

  1. 電気工事士第一種・第二種の違いは?
  2. 電気工事士の資格取得・試験内容を解説!
  3. 電気工事士資格取得の勉強方法は?
  4. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の第一種と第二種の違いが分かります。気になっている方や資格取得を目指している方はぜひチェックしてください。