施工管理の仕事をしたい人必見! ゼネコンとハウスメーカーの仕事内容の違いは?

建築に関する仕事に就く人が施工管理技士の資格を取得すると、出世や昇給が有利になります。また、転職する際の武器にもなるので、資格取得を目指して勉強に励んでいる人もたくさんいることでしょう。さて、施工管理の仕事がある主な職場に、ゼネコンやハウスメーカーがあります。

今回は、ゼネコンとハウスメーカーにおける施工管理の仕事内容や違いを紹介しましょう。

  1. ゼネコンにおける施工管理の仕事内容
  2. ハウスメーカーにおける施工管理の仕事内容
  3. ハウスメーカーとゼネコンとでは施工管理にどのような違いがあるか
  4. 施工管理をするために必要な資格
  5. 施工管理に関するよくある質問

この記事を読めば、施工管理技士しかできない職務や資格取得の方法なども分かります。各種施工管理技士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


ビル管理士の実務経験証明書の書き方を解説! 作成する際の注意点は?

建築物環境衛生管理技術者(通称、ビル管理士)は、ビルメン(ビルメンテナンス業務)の従事者ならば、取得しておくと大変役立つ資格です。資格取得目指して勉強に励んでいる人も多いことでしょう。ビル管理士の試験を受験するには2年間の実務経験が必要です。実務経験を証明する「実務従事証明書」の書き方が分からない、という人もいると思います。

そこで今回は、ビル管理士の資格試験を受験する際に必要な実務従事証明書の書き方について解説しましょう。

  1. ビル管理士の試験申し込みに実務経験証明書が必要な理由
  2. ビル管理士試験における実務経験証明書の書き方
  3. ビル管理士の資格取得方法
  4. ビル管理士に関するよくある質問

この記事を読めば、実務従事証明書を書く際の注意点や試験勉強のコツなども分かります。ビル管理士の試験を受けたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


消防設備士

消防設備士の資格手当はどのくらい? 相場や手当を取得する条件を解説

消防設備士は、学生から社会人まで幅広い世代に人気のある資格です。「資格を取得して就職に役立てたり昇格・昇給のきっかけにしたい」と思っている人も多いことでしょう。また、消防設備士の資格を取得すると資格手当が出る職場も珍しくありません。資格手当がどのくらい出るか相場を知りたいという人もいると思います。

そこで今回は、消防設備士につく資格手当について解説しましょう。

  1. 消防設備士の資格手当について
  2. 消防設備士の資格を取得するメリット
  3. 消防設備士の試験内容や勉強方法のコツ
  4. 消防設備士に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備士の資格取得の方法も分かります。消防設備士の資格取得を目指す人は、ぜひ読んでみてくださいね。


配管工の仕事内容を解説! 将来性や需要はどのくらい?

配管工は、高い技術力が必要な専門職です。需要も高いので「配管工の仕事に就きたい」と思っている人も多いことでしょう。しかし、その一方で、配管工にはあこがれるけれど、仕事内容がいまひとつよく分からない人もいると思います。

今回は、配管工の仕事内容を中心に、取得しておくとキャリアアップに役立つ資格などを紹介しましょう。

  1. 配管工の仕事内容について
  2. 配管工の需要や将来性について
  3. 配管工のキャリアアップに役立つ資格
  4. 管工事施工管理技士の資格取得方法
  5. 配管工に関するよくある質問

この記事を読めば、配管工の必要性や重要性なども分かります。配管工の仕事に興味がある人や配管工を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


消防設備士を取得したい人必見! 将来性や取得するメリットを解説

消防設備士は、幅広い年代に人気がある資格です。比較的挑戦しやすいことから、「就職や転職を有利に行うために、資格取得を考えている」という人は多いでしょう。その一方で「消防設備士を取得しても、将来も役に立つのだろうか」と考え、資格取得に積極的に慣れない人もいると思います。

そこで今回は、消防設備士の将来性を中心に資格取得の方法や仕事内容を紹介しましょう。

  1. 消防設備士の資格を取得するメリットや職務
  2. 消防設備士の将来性について
  3. 消防設備士の求人や給与について
  4. 消防設備士の試験内容や勉強方法
  5. 消防設備士に関するよくある質問

この記事を読めば、資格試験の難易度や勉強方法のコツもわかります。消防設備士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


冷凍機械責任者の求人にはどんなものがある? 有資格者を求めている職場を解説

冷凍機械責任者は、学生だけでなく社会人にも人気の資格です。資格を取得して転職や就職に役立てようとがんばる人がいる一方で、「有資格者を求める職場のイメージがつかめず、資格取得にイマイチ積極的になれない」という人もいるでしょう。

そこで今回は、冷凍機械責任者の仕事内容や求人について説明します。

  1. 冷凍機械責任者の資格概要と仕事内容
  2. 冷凍機械責任者の求人について
  3. 冷凍機械責任者の資格取得方法
  4. 冷凍機械責任者の求人に関するよくある質問

この記事を読めば、試験概要や勉強方法のコツもよく分かるでしょう。冷凍機械責任者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.冷凍機械責任者の資格概要と仕事内容

はじめに、冷凍機械責任者を取得すると行える仕事内容や、取得のメリットを紹介します。

1-1.冷凍機械責任者は高圧ガス製造保安責任者の資格区分のひとつ

冷凍機械責任者は、高圧ガス製造保安責任者の資格区分のひとつです。大型の冷凍機械や空調機器には高圧ガスが使われており、保安業務や保安監督を行うには、専門的な知識が必要になります。冷凍機械責任者の資格を取得すれば、冷凍機械の保安業務や保安任者、もしくは保安責任者の代理となることが可能です。

1-2.冷凍機械責任者の資格区分

冷凍機械責任者には、以下のような3つの資格区分があります。

  • 第一種:すべての冷凍機械で保安業務・保安監督ができる
  • 第二種:1日の冷凍能力が300t未満の冷凍機械で保安業務・保安監督ができる
  • 第三種:1日の冷凍能力が100t未満の冷凍機械の保安業務・保安監督ができる

なお、第一種を取得すると冷凍機械を製造する際の材料試験・耐圧試験・気密試験の検査員になることも可能です。

1-3.有資格者の職務は冷凍機械の保安業務

冷凍機械責任者の資格を活用して仕事をする場合、冷凍機械の保安業務や保安監督が主な職務になります。冷凍機械には、冷凍庫・冷蔵庫のほか、スーパーなどにある保冷ケース・大型の空調設備などがあり、それらを備えている施設が仕事場になることが多いでしょう。一例をあげると、冷凍食品やアイスクリームなどを生産している工場、冷凍保管庫・大型の空調機器を備えている施設などがあります。

2.冷凍機械責任者の求人について

この項では、有資格者を求めている会社や求人状況、資格の将来性などについて紹介します。

2-1.冷凍機械責任者の有資格者を求めている会社は多い

冷凍機械責任者の有資格者は、以下のような会社で需要があります。

  • 大型冷蔵庫や冷凍庫を保有している業者
  • ビルメン(ビルメンテナンス業務)を行っている業者:空調管理や整備に有資格者が必要
  • 冷凍ショーケースや冷蔵庫の保守点検を請け負っている会社
  • 大型冷蔵庫や冷凍庫を製造している会社

なお、現在は技術の進歩によって、第二種冷凍機械責任者の資格を取得していれば、ほとんどの冷凍機械の保安業務が可能です。

2-2.有資格者は資格手当がついたり正社員で雇用されやすい

冷凍機械責任者の資格を活用して仕事をする場合、資格手当が月々数千円つくケースがあります。また、保安責任者に任命されれば、出世のチャンスにもなるでしょう。また、ビルメンの場合は契約社員からスタートという会社も多いのですが、仕事で役立つ資格を数多く持っていると、正社員に昇格できる可能性も高くなります。

2-3.冷凍機械がある職場なら資格取得することで仕事の幅が広がる

冷凍機械は年々進化しているので、資格がなくても保守管理ができる冷凍機械が増え続けるでしょう。しかし、「保守管理は、高圧ガスの知識がある有資格者に行ってほしい」という会社もたくさんあります。そのため、有資格者が不要になったり、求人が極端に減少することはないでしょう。また、職場に冷凍機械がある人は、資格を取得すれば仕事の幅が広がります。

3.冷凍機械責任者の資格取得方法

この項では、冷凍機械責任者の試験概要や勉強のコツなどを紹介します。

3-1.冷凍機械責任者は試験を受けて取得する

冷凍機械責任者は、高圧ガス保安協会が主催している資格試験に合格すれば取得できます。受験資格はすべての資格区分で定められていないので、性別や年齢・学歴に関わらず受験可能です。試験は、毎年11月に実施され、申し込みは7月上旬から始まります。

3-2.講習を受ければ試験科目の1部が免除になる

冷凍機械責任者の試験を主催する高圧ガス保安協会は、毎年講習会を開いています(一種1回・二種2回・三種3回)。この講習会を受講すれば合格に必要な知識が身につくだけでなく、最後に実施される検定試験に合格することで、資格試験の一部が免除されるのです。講習は3日間で、4日目に検定試験が行われます。検定試験の合格率は50%前後ですから、ただ座って話を聞いているだけでは合格できません。しっかり勉強して検定試験にのぞんでください。講習の受講費用は15,700~20,500円(電子申請の場合)で、別途テキスト代が数千円かかります。詳しい日程については、協会のサイトを確認してください。

3-3.試験は学科試験、難易度は普通

冷凍機械責任者の試験科目は、以下のような3科目の学科試験です。

  • 高圧ガス保安法に係る法令
  • 保安管理技術
  • 学識(応用化学・機械工学):第三種は学識の試験はない

講習を受講して検定試験に合格した場合は、保安管理技術と学識が免除となるので、合格率は、80~90%と高くなります。全科目を受験した場合の合格率は30~44%です。試験難易度としては普通となります。

3-4.申し込みは電子申請が便利

試験の申し込みは、高圧ガス保安協会のサイトから電子申請すると便利です。電子申請を行った場合、受験料は、第一種が12,400円・第二種が8,500円・第三種が7,900円となります。

3-5.通信教材も利用してみよう

高圧ガス保安協会が主催する講習会を受講した場合、購入したテキストを使って勉強すれば合格に必要な知識は十分につきます。講習を受講せずに試験を受ける場合、市販の参考書や過去問題集を使って勉強しましょう。SATの教材の利用もおすすめです。SATの教材はテキストと一緒に、講師が行った講義を収めたDVDやeラーニングもついてきます。eラーニングはスマートフォンでも視聴可能なので、通勤途中や休み時間でも視聴もできるでしょう。

4.冷凍機械責任者の求人に関するよくある質問

この項では、冷凍機械責任者の求人に関する質問を紹介します。

Q.講習を受けるのに資格は必要ですか?
A.いいえ。資格は設けられていません。

Q.講習はどこで受けられますか?
A.会場は全国5~20か所です。詳しくは、高圧ガス保安協会のサイトを確認しましょう。

Q.講習を受ければ必ず合格できますか?
A.いいえ。勉強していなければ無理です。

Q.第一種冷凍機械責任者を取得するメリットはないのでしょうか?
A.冷凍機械を製造するメーカーに就職する場合はメリットがあります。

Q.試験に科目合格はあるでしょうか?
A.いいえ。ありません。

まとめ

今回は、冷凍機械責任者の求人に関することを中心に資格取得の方法などを紹介しました。冷凍機械責任者は、勉強すれば取得しやすい資格です。チャンスがあるならばぜひ資格取得にチャレンジしてみましょう。

電気工事士の技能試験について解説! 特徴や勉強方法のコツを紹介

「電気工事士の資格取得を目指しているが、技能試験の対策がよく分からず不安だ」と悩んでいる人はいませんか? 電気工事士の技能試験は、実際に工具を用いて電気工作物を作る試験です。初めて試験に挑戦する人は、どうやって勉強すれば効率よく合格に必要な力が身につくのか分からないケースもあるでしょう。

そこで今回は、電気工事士の技能試験の内容や勉強法について紹介します。

  1. 電気工事士の技能試験について
  2. 電気工事士の技能試験を受験する準備について
  3. 電気工事士の技能試験に合格するための勉強法
  4. 電気工事士の技能試験に関するよくある質問

この記事を読めば、工具や練習材料の購入方法なども分かるでしょう。電気工事士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士の試験や仕事に使う工具とは? おすすめのものを一挙紹介!

電気工事士は学生から社会人まで幅広い世代に人気のある資格です。資格取得を目指し、勉強に励んでいる人も多いことでしょう。電気工事士は学科試験と技能試験があり、技能試験には自前の工具を購入してのぞむ必要があります。ですから、「どんな工具を買えばいいのか悩んでいる」という人もいるでしょう。

今回は、電気工事士の試験に必要で仕事にも使えるおすすめの工具を紹介します。

  1. 電気工事士の資格取得に必要な工具について
  2. 電気工事に必須な工具とあると便利な工具
  3. 電気工事士の工具を購入する方法
  4. 電気工事士の工具に関するよくある質問

この記事を読めば、工具の購入方法についてもよく分かるでしょう。電気工事士の取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気工事士の資格取得に必要な工具について

はじめに、電気工事士の試験に工具が必要な理由や工具選びの重要性を紹介します。

1-1.電気工事士の技能試験は工具が必要

電気工事士の技能試験は、実際に工具を用いて電気工作物を製作します。そのため、受験生は自分で工具をそろえて試験を受けなければなりません。なお、試験に使用した道具はそのまま仕事でも使うことができます。

1-2.電気工事士の工具は一般的なもの

電気工事士の試験や仕事に使う工具は、ペンチやドライバー・スケール(メジャー)など、一般的な工具です。ですから、すでに工具をある程度持っている人は、それを流用してもいいでしょう。ただし、100円ショップで販売されているような安価な工具はおすすめできません。つくりが甘かったり耐用年数が短かったりします。

2.電気工事に必須な工具とあると便利な工具

この項では、電気工事士に必要な道具や持っていると便利な工具を紹介しましょう。

2-1.資格取得のためには指定工具をそろえる

電気工事士の技能試験には、指定工具が定められています。第二種電気工事の場合は以下の6種類です。

  • ペンチ
  • ドライバー(マイナス・プラス)
  • ナイフ
  • スケール
  • ウォーターポンププライヤー
  • リングスリーブ用圧着工具(JIS C 9711:1982・1990・1997適合品)

つまり、最低限これだけの道具をそろえないと試験を受けられません。学科試験に合格したら、まず指定工具を購入してください。

2-2.合格クリップはあると便利

電気工事士の技能試験に合格した人の体験談には、指定工具以外に試験で使える便利な工具がたびたび登場します。合格クリップもその1つです。合格クリップとは、針金を折り曲げたわっかのような形ので、圧着作業をするときの補助具として用います。誤接続を防ぐこともでき、3本目の手としても活躍するので買っておいて損はありません。このほか、ニッパーも作業時間短縮のために便利な道具です。練習のときに何種類か使ってみて、便利だったものを試験当日使ってもいいでしょう。

2-3.試験の練習用材料も一緒に購入する

工具と一緒に技能試験の練習用材料も購入しましょう。技能試験の勉強は、実際に工具を用いて電気工作物を組み立ててみることが一番です。また、試験勉強をしながら工具の扱い方にも慣れておきましょう。本番で新品の工具を使ってもうまくいきません。

3.電気工事士の工具を購入する方法

この項では、電気工事士の試験や仕事で使う工具の選び方や平均予算などを紹介します。

3-1.初心者は工具セットの購入がおすすめ

電気工事士の試験に必要な工具は、セットになって通販されています。「電気工事士 工具セット」で検索するといくつもヒットするでしょう。セットの値段は1万5千~2万円程度が相場です。高いように感じられるかもしれませんが、仕事にも使えるので思い切ってよいものを買いましょう。

3-2.単体で購入する場合、安いものは避ける

単体で工具を購入したい場合、ホーザンやMCCなどのメーカーのものを購入しましょう。1つあたり千円~5千円台が相場です。同じような工具でも、安いものは使いにくかったり試験会場に持ち込めなかったりします。

3-3.古いものを無理に使用しない

ネットオークションやフリマサイトでは、中古の工具が販売されています。中には市価の3~4割で販売されているものもあり、「こっちのほうが安くていいな」と思う人もいるでしょう。しかし、古い工具は突然壊れたり使い勝手が悪かったりします。また、写真で見たらとても綺麗だったのに、届いた実物はサビだらけだったといったトラブルもあるでしょう。また、家に長年保管されていた工具も同様です。使い勝手を確かめて、悪いようならば新品を購入しましょう。

4.電気工事士の工具に関するよくある質問

この項では、電気工事士の工具に関する質問を紹介します。

Q.左利き用の工具はあるでしょうか?
A.販売されているものもあるので、探してみてください。

Q.試験日に工具を忘れた場合、会場で貸してくれますか?
A.いいえ、一切貸してくれません。必ず忘れないようにしましょう。また、同じ工具を持ってくる人も多いので、名前を書いておくのもおすすめです。

Q.工具箱は必要でしょうか?
A.必須ではありませんが、道具をよりよい状態で持ち運びたい場合は購入してください。

Q.新しい工具のほうが使いやすいものですか?
A.はい。その傾向はあります。ですから、できるだけ新品を購入してください。

Q.女性用の小さな工具は販売されていますか?
A.専用のものは販売されていませんが、用途が同じで小さくつくられている工具は販売されているので、手の大きさに合わせて選びましょう。

まとめ

今回は、電気工事士の試験や仕事に必要な工具について解説しました。現在はホームセンターで安価な工具がたくさん売られているので、専用の工具は高く感じられるかもしれません。しかし、資格を取得して電気工事士として働く場合、何年も使えるもものです。まずは試験に使う一式を購入し、練習をしながら必要だと思うものがあったら買い足していきましょう。よく手になじませておけば、本番でもスムーズに使うことができます。学科試験に合格したらすぐに購入してください。ネット通販を使うと便利です。

ビルメンテナンスは資格なしでもOK? 取得したほうがいい資格は?

ビルメンテナンスが主な業務となる「ビルメン」は、資格なしでもやれる仕事なのでしょうか。未経験者や無資格者でも仕事ができるといわれていますが、建物の設備を管理する仕事です。そのため、設備管理に役立つ資格を取得したほうが、就職や転職に有利な状況になります。では、どのような資格が必要なのでしょうか。本記事では、ビルメンテナンスに必要な資格と取得方法を解説します。

  1. ビルメンは資格なしでもなれる仕事
  2. 取得しておくと役立つ資格は?
  3. ビルメン4点セットの取得方法
  4. ビルメンテナンスに関してよくある質問

この記事を読むことで、ビルメンテナンスが資格なしでも働ける理由や、取得したほうがいい資格が分かります。働きたいと思っている方はぜひチェックしてください。


ビルメンの仕事がきついのは本当? 仕事内容や取得すべき資格を解説

「ビルメンの仕事はきつい」とよく聞きますが、果たしてその噂(うわさ)は本当なのでしょうか。年々、需要が高まっているビルメンは、オフィスビルや商業施設などを全般的に管理する仕事なので、確かに仕事量は多く幅広い傾向があります。しかし、実際にビルメンとして働いている方の多くはやりがいを感じているのです。本記事では、そんなビルメンの仕事内容や取得すると便利な資格などについて解説します。

  1. ビルメンの仕事内容は幅広い
  2. ビルメンの仕事がきついのは本当?
  3. ビルメンとして働く方法と取得したほうがいい資格
  4. ビルメンに関してよくある質問

この記事を読むことで、ビルメンの仕事が本当にきついのか、その疑問が解決できます。気になっている方は、ぜひチェックしてください。