月別アーカイブ 2019年3月

施工管理の仕事をしたい人必見! ゼネコンとハウスメーカーの仕事内容の違いは?

建築に関する仕事に就く人が施工管理技士の資格を取得すると、出世や昇給が有利になります。また、転職する際の武器にもなるので、資格取得を目指して勉強に励んでいる人もたくさんいることでしょう。さて、施工管理の仕事がある主な職場に、ゼネコンやハウスメーカーがあります。

今回は、ゼネコンとハウスメーカーにおける施工管理の仕事内容や違いを紹介しましょう。

  1. ゼネコンにおける施工管理の仕事内容
  2. ハウスメーカーにおける施工管理の仕事内容
  3. ハウスメーカーとゼネコンとでは施工管理にどのような違いがあるか
  4. 施工管理をするために必要な資格
  5. 施工管理に関するよくある質問

この記事を読めば、施工管理技士しかできない職務や資格取得の方法なども分かります。各種施工管理技士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


ビル管理士の実務経験証明書の書き方を解説! 作成する際の注意点は?

建築物環境衛生管理技術者(通称、ビル管理士)は、ビルメン(ビルメンテナンス業務)の従事者ならば、取得しておくと大変役立つ資格です。資格取得目指して勉強に励んでいる人も多いことでしょう。ビル管理士の試験を受験するには2年間の実務経験が必要です。実務経験を証明する「実務従事証明書」の書き方が分からない、という人もいると思います。

そこで今回は、ビル管理士の資格試験を受験する際に必要な実務従事証明書の書き方について解説しましょう。

  1. ビル管理士の試験申し込みに実務経験証明書が必要な理由
  2. ビル管理士試験における実務経験証明書の書き方
  3. ビル管理士の資格取得方法
  4. ビル管理士に関するよくある質問

この記事を読めば、実務従事証明書を書く際の注意点や試験勉強のコツなども分かります。ビル管理士の試験を受けたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


消防設備士の資格手当はどのくらい? 相場や手当を取得する条件を解説

消防設備士は、学生から社会人まで幅広い世代に人気のある資格です。「資格を取得して就職に役立てたり昇格・昇給のきっかけにしたい」と思っている人も多いことでしょう。また、消防設備士の資格を取得すると資格手当が出る職場も珍しくありません。資格手当がどのくらい出るか相場を知りたいという人もいると思います。

そこで今回は、消防設備士につく資格手当について解説しましょう。

  1. 消防設備士の資格手当について
  2. 消防設備士の資格を取得するメリット
  3. 消防設備士の試験内容や勉強方法のコツ
  4. 消防設備士に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備士の資格取得の方法も分かります。消防設備士の資格取得を目指す人は、ぜひ読んでみてくださいね。