工場勤務で役立つ資格とは? 今取得すべき8つを徹底解説します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「工場勤務に役立つ資格を取得するとよいと聞いたけど、どんなメリットがあるのだろう」「実際にどんな資格を取得するとよいか詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 確かに、資格取得者が工場勤務で優遇されやすいのは事実です。しかし、どんな資格が工場勤務に役立つのか、どんなポイントで取得する資格を選ぶとよいかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、工場勤務に役立つ資格について詳しく解説します。

  1. 工場勤務で資格が重要な理由
  2. 取得する資格を選ぶポイント
  3. 工場勤務に役立つ資格8選
  4. 工場勤務に役立つ資格についてよくある質問

この記事を読むことで、工場勤務に役立つ資格の選び方などがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.工場勤務で資格が重要な理由

最初に、工場勤務ではなぜ資格が重要なのか見ていきましょう。

1-1.仕事の幅が広がる

工場勤務に役立つ資格を取得すると、仕事の幅が広がります。工場の業務には、特定の資格が必要なものが多くあるからです。いくら自分がやりたくても、無資格者では任せてもらうことができません。しかし、チャレンジしたい業務に必要な資格を取得すれば、チャンスが回ってきます。今の仕事だけではもの足りない、自分の可能性をもっと広げたいというのなら、資格の取得がおすすめです。

1-2.社内評価が高まって昇給や昇進につながる

工場勤務に役立つ資格を取得すると、社内評価が高まって昇給や昇進につながりやすくなります。理由は、業務に活かせる知識を取得したことだけでなく、行動力があって意欲的な人物だという評価につながるからです。そのため、上司の印象もよくなり、昇給や昇進のチャンスがグンと高まります。

1-3.リストラの対象になりにくい

リストラの対象になりにくいのも、資格取得が重要な理由の一つです。工場は、景気の影響を受けやすく、場合によっては生産調整によるリストラが実施されることがあります。そんな場合でも、資格取得により使える人材だと評価されていれば、リストラの対象になりにくくなるでしょう。現在の職場でずっと働き続けたい人にも、資格取得が大きな武器になるはずです。

1-4.転職に有利

工場勤務に役立つ資格を取得すると、転職に有利となるのも大きなメリットです。現在の業務に不満がなくても、待遇に不満がある人もいることでしょう。よりよい条件の職場に転職するためには、自分を強くアピールする武器が必要になります。資格取得は、転職において自分の可能性ややる気をアピールするための武器になることでしょう。特に需要の高い資格であれば、未経験職種でも採用される確率が上がります。

2.取得する資格を選ぶポイント

工場勤務に役立つ資格を取得する際、どんなポイントをチェックして選ぶべきか、詳しく見ていきましょう。

2-1.現在の業務に役立つ

まずは、現在の業務に役立つ資格かどうかをチェックしてください。現在の仕事に直結もしくは関連のある資格なら、取得することで大きなメリットを得ることができます。業務に役立つ資格であれば、企業が受験費用を補助してくれることもあるでしょう。一方、現在の業務に関係しない資格は、取得してもすぐに役立つわけではありません。転職などで新たな分野の仕事に挑戦するのでなければ、優先度が低いといえるでしょう。

2-2.受験資格がある

受験資格があることも、取得する資格を選ぶポイントの一つです。工場勤務に役立つ資格のいくつかは、受験する際、規定の受験資格を満たしている必要があります。具体的には、規定の年齢・学歴・実務経験などを満たしていることが条件です。自分が受験資格を満たしている、もしくは、受験資格を満たすメドが立っている資格を選ぶとよいでしょう。

2-3.取得のしやすさ

取得のしやすさも、受験する資格を選ぶポイントの一つです。工場勤務に役立つ資格は、高度な専門知識や実務経験を問われるものも含まれています。中には、合格率が数%程度のものもあり、初心者には難しすぎるものもあるでしょう。たとえば、規定の講習を修了することで取得できるなど、取得しやすい資格からチャレンジし、徐々に難易度の高いものを狙うのがおすすめです。

2-4.受験チャンスの多さ

受験チャンスの多さも、忘れずにチェックしておきたいポイントです。資格の中には、受験チャンスが1年に1回だけというものもあります。受験に失敗すると次のチャンスが翌年以降になるため、計画的にチャレンジすることが必要です。一方、毎月のように取得のチャンスがある資格もあるので、調べてみるとよいでしょう。

3.工場勤務に役立つ資格8選

ここでは、工場勤務に役立つ資格を8つ厳選してご紹介しましょう。

3-1.衛生管理者

衛生管理者は、労働者が快適かつ健康に働くことができるよう、労働環境を整えたり労働者に指導したりするための国家資格です。衛生管理者は、労働安全衛生法により常時50人以上の労働者が働く事業場において、必ず1人以上配置する必要があります。そのため、資格を取得すれば、引く手あまたの人材になれることでしょう。衛生管理者には、上位資格である第一種と第二種があります。衛生管理者に関するより詳しい内容は、公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページを参考にしてください。

3-2.ボイラー技士

ボイラー技士も、工場勤務で役立つ資格です。ボイラー技士は、労働安全衛生法に基づく国家資格の一つで、資格取得者は規定のボイラーを取り扱うことができます。ボイラー技士には、特級・一級・二級の3種類があり、それぞれの取り扱い範囲で、ボイラー取扱作業主任者になることが可能です。工場にとってボイラー設備は必要不可欠であり、資格取得者の需要も比較的高いといえます。ボイラー技士に関するより詳しい内容は、公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページをご覧ください。

3-3.エネルギー管理士

エネルギー管理士は、エネルギーの使用の合理化等に関する法律に基づく国家資格です。一定量以上のエネルギー使用工場もしくは事業場では、規定の人数のエネルギー管理者を配置する義務があります。エネルギー管理者は、エネルギー管理士免状を持っている人から選ぶ必要があることから、エネルギー管理士の需要は高いのです。エネルギー管理士についてのより詳しい内容は、一般財団法人省エネルギーセンターのホームページを参考にしてください。

3-4.危険物取扱者

危険物取扱者を取得すると、工場勤務に役立ちます。危険物取扱者は、消防法に基づく国家資格で、資格取得により認められた危険物を取り扱うことが可能です。危険物取扱者には、甲種・乙種・丙種の3種類があります。工場では、各種危険物を取り扱う機会が多いことから、危険物取扱者の資格取得者は、何かと優遇されることが多いでしょう。危険物取扱者に関するより詳しい内容は一般財団法人消防試験研究センターのホームページを確認してください。

3-5.電気工事士

工場勤務では、電気工事士も取得をおすすめする資格の一つになります。電気工事士とは、電気工事士法に基づく国家資格です。電気工事士には第一種および第二種があり、種類によって一般用電気工作物および500kW未満の自家用電気工作物の工事を行うことが可能になります。工場勤務では、電気工作物を取り扱うことが多く、資格取得者は何かと重宝されるでしょう。電気工事士に関するより詳しい内容は、一般財団法人電気技術者試験センターのホームページを参考にしてください。

3-6.フォークリフト運転技能者

工場勤務に役立つ資格として、フォークリフト運転技能者も外せません。フォークリフト技能者は労働安全衛生法に基づく国家資格です。資格取得者は、フォークリフト・ストラドルキャリア・コンテナキャリア・トップリフター・クランプリフトを運転できます。規定の講習もしくは特別教育を修了すると取得できるため、初心者におすすめです。フォークリフト運転技能者を取得すれば、工場勤務において多くのリフトを操作できるようになり、業務に役立ちます。フォークリフト運転技能者に関する詳しい内容はウィキペディアのフォームリフト運転技能者ページをご覧ください。

3-7.玉掛技能者

玉掛技能者も、工場勤務に役立つ資格です。玉掛け技能講習および玉掛け特別教育を修了すると取得できます。玉掛技能者は労働安全衛生法に基づく国家資格であり、資格取得後はクレーンなどに玉掛けを行うことが可能です。フォークリフト運転技能者と併せて取得すると、業務の幅が広がるでしょう。玉掛技能者に関するより詳しい内容は、ウィキペディアの玉掛作業者ページをご覧ください。

3-8.クレーン・デリック運転士

クレーン・デリック運転士は、労働安全衛生法に基づく国家資格で、取得すると規定のクレーンを操作することが可能です。クレーン運転士の資格には、クレーン限定・床上運転式限定・限定なしの3種類があります。フォークリフト運転士と共に、工場勤務に役立つことで人気のある資格です。クレーン運転士のより詳しい内容は、公益財団法人安全衛生技術協会のホームページを参考にしてください。

4.工場勤務に役立つ資格についてよくある質問

最後に、工場勤務に役立つ資格に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.上級資格をいきなり受験するのはダメ?
A.ダメではありません。しかし、上級資格は難易度が高いため、いきなり受験しても不合格となる可能性が高いのも事実です。

Q.実際に資格を取得しても年収がアップしないのですが?
A.企業によっては、従業員が単に資格取得しただけでは、年収アップにつながらないことがあります。まずは、勤務先の企業が、どんな資格取得をバックアップしているか、どんな条件で年収がアップするか、確認してみるとよいでしょう。

Q.女性が工場勤務に役立つ資格を取得するメリットは?
A.女性でも工場勤務に就く人が増えたとはいえ、まだ少数派です。そのため、資格を取得することにより、現在の職場で活躍するチャンスが増えたり昇給・昇進しやすくなったりするのが、大きなメリットといえます。また、結婚・子育てによる退職後の再就職にも、資格取得が役立つことでしょう。

Q.40歳以上でも資格を取得する意味がある?
A.はい。40歳以上であっても、資格を取得すると、今の職場で仕事への熱意を評価され、昇給や昇進のきっかけになります。また、よりよい条件の職場へ転職する道も見えてくることでしょう。年齢に関係なく、資格取得にチャレンジすることがおすすめです。

Q.資格の受験費用を勤務先の企業に出してもらえる?
A.企業によります。また、取得する資格の種類によっても、企業に受験費用を負担してもらえる場合と自己負担になる場合に分かれるでしょう。さらに、受験費用を負担してもらうには、事前申請が必要なケースなどもあります。詳しくは、勤務先の関連部署などに確認してみてください。

まとめ

今回は、工場勤務に役立つ資格について詳しく解説しました。工場勤務に役立つ資格を取得すると、仕事の幅が広がる、社内評価が高まって昇給や昇進のきっかけになる、転職しやすくなるなど多くのメリットがあります。まずは、どんな資格を取得すると役立つか、よく調べてみるとよいでしょう。なお、難易度の高い資格は、取得が難しい、受験資格が厳しいなどのハードルも高いため、まずは、無理なく取得可能な資格から狙ってみることをおすすめします。