工場の機械トラブルは何が原因? 予防法&対処法を詳しく解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

工場は、常に機械トラブルと隣り合わせの状態といえます。工場では、多数の機械が稼働しており、それぞれ製造過程で大切な役割を持っているものです。そのため、いったん機械トラブルが発生すると、いろいろな支障が出ますよね。機械トラブルによる影響を最小限に抑えるためにも、どんな原因で機械トラブルが発生するのか、正しく知ることが大切です。また、万が一機械トラブルが発生したときの対処法についても、詳しく知りたいことでしょう。

そこで今回は、工場の機械トラブルについて詳しく解説します。

  1. 工場で機械トラブルが発生する原因は?
  2. 工場で機械トラブルが発生することによる問題
  3. 工場の機械トラブルを防ぐには?
  4. 機械トラブルが発生したときの対処方法
  5. 工場の機械トラブルに関するよくある質問

この記事を読むことで、工場の機械トラブルの対策法や予防法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.工場で機械トラブルが発生する原因は?

最初に、工場で機械トラブルが発生する原因について見ていきましょう。

1-1.機械の寿命

機械が寿命を迎えたことも、工場の機械トラブルが発生する原因です。機械の寿命が近づくと、何らかの不具合が出やすくなります。特に、古い機械を使用している場合は、いつ故障してもおかしくないと考えてください。どんなにメンテナンスをきちんとしていても、部品の消耗を抑えることはできません。

1-2.突発的な故障

何の前触れもなく、機械が突発的に故障してしまうこともあります。特に、稼働時間が長い機械は大きな負荷がかかるため、比較的新しくても故障しやすいので注意が必要です。機械の突発的な故障は、予想が付かないだけに、発生すると大きな損害につながりやすくなります。

1-3.メンテナンス不足

メンテナンス不足も、工場の機械が故障する原因です。工場の機械は、定期的にメンテナンスして最適な状態に維持する必要があります。しかし、メンテナンスを省いてしまったり不具合を見逃がしてしまったりすることで、トラブルにつながるのです。「普段から問題ないから、今回も大丈夫だろう」と考えてきちんとチェックしないと、思わぬリスクをもたらすことになります。

1-4.間違った使い方

機械の間違った使い方により、トラブルに至ることがあります。機械の正しい使い方については、工場内できちんと教育されるべきです。しかし、従業員に対する教育が行き届いていなかったり、従業員が正しい使い方を守っていなかったりすると、機械トラブルが発生するリスクが高まります。場合によっては、従業員のケガや命に関わることもあるので注意が必要です。

1-5.自然災害などによる影響

自然災害などによる影響も、工場の機械トラブルの原因になります。たとえば、落雷による停電、地震による振動、大雨による浸水などです。こうした自然災害による影響は、工場の機械に大きなダメージを与え、場合によっては、長期間の操業停止につながることもあるでしょう。

2.工場で機械トラブルが発生することによる問題

工場で機械トラブルが発生するとどんな問題が起こるか、主なものをご紹介します。

2-1.生産計画が狂う

工場で機械トラブルが発生すると、生産計画が狂ってしまうのが大きな問題です。工場では、納期に間に合うよう、計画的に製品を生産しています。しかし、工場で機械トラブルが起きれば、解決するまで生産がストップしてしまい、納期遅れが発生することもあるでしょう。納期に間に合わなければ、取引先からの信用を失い、大きな損害につながることもあります。

2-2.不良品が発生する

工場の機械トラブルでは、不良品が発生するの問題です。機械の不具合により、低品質な加工がなされると、製品として出荷することができません。不良品の多くは、使いものにならないことから廃棄処分となるでしょう。不良品の発生は、そのほかにも、人件費・材料費・時間などの無駄につながり、工場の経営に悪影響をもたらします。

3.工場の機械トラブルを防ぐには?

工場の機械トラブルを防ぐにはどんな対策が有効か、詳しく見ていきましょう。

3-1.機械のメンテナンスをきちんと行う

工場の機械トラブルを防ぐには、普段から機械のメンテナンスをきちんと行うことが基本です。まずは、定期メンテナンスをきちんと行い、常に最良の状態で機械を使えるようにしましょう。また、不良品の発生など、機械トラブルのサインが出たときも緊急メンテナンスを行い、何が原因か早急に突き止めて対処してください。

3-2.従業員の教育を徹底する

従業員の教育し、機械の正しい扱い方を徹底させるのも、工場の機械トラブルを防ぐポイントになります。そのためにも、分かりやすい操作マニュアルを作ったり、定期的に機械の扱い方を確認したりすることが必要です。特に、従業員が新しく配属されたときは、基礎からしっかり教えるようにしましょう。「この程度ならすでに理解しているだろう」などと勝手に判断して教えないと、思わぬトラブルにつながることがあります。

3-3.機械トラブルの原因や対処法を共有する

工場の機械トラブルを防ぐには、原因や対処法を共有することも重要です。どんな状況でトラブルが発生しやすいか、また、発生したらどんな対処をすべきか従業員が理解していれば、損害を最小限に抑えることができます。工場機械を扱う従業員には、定期的に勉強会を開き、実際に発生した機械トラブルや対処法を共有するようにしてください。

4.機械トラブルが発生したときの対処方法

工場の機械トラブルが発生したときの対処方法について、詳しく解説します。

4-1.すぐに機械を停止させる

工場の機械トラブルが発生したら、すぐに機械を停止させましょう。そのまま稼働させ続けると、トラブルが広範囲におよんだり重大化したりするからです。工場の機械には、緊急用のストップボタンが付いています。判断の遅れが取り返しの付かない事態を招くこともあるので、素早く停止させることが大切です。

4-2.機械トラブルの原因を突き止める

機械を停止させたら、トラブルの原因を突き止めましょう。このとき、機械を操作していた従業員にヒアリングを行い、どんなときにどんな操作をしていたか、具体的に把握することが大切です。細かくヒアリングすることで、機械トラブルの原因を正しく突き止めることができます。

4-3.原因に応じた対策を行う

機械トラブルの原因が判明したら、早急に対策を行いましょう。具体的にどんな対策が必要かについては、以下を参考にしてください。

  • 機械の寿命や故障:修理もしくは新しい機械との交換
  • 従業員の操作ミス:正しい操作方法の確認と徹底
  • 自然災害による影響:安全確認の後、普及に必要な作業を進める

4-4.正常に稼働するか確認する

必要な対策が終わったら、機械を試運転してみて正常に稼働するか確認してみてください。特に問題なく稼働すれば、対策は完了です。機械を本格的に稼働させ、通常どおりの生産体制に戻して構いません。ただし、最初は、最小ロット数で生産してみて、不良品が発生しないことをチェックすると安心です。

4-5.対策法や予防法などを従業員で共有する

工場の機械トラブルが解消したら、対策法や予防法などを従業員で共有しましょう。どんな状況でどんな内容のトラブルが発生したか、また、どんな対処法を行ったかなどを、従業員が理解することが必要です。情報を共有することで、従業員の意識が高まり、機械トラブルの再発を防ぐことができます。

5.工場の機械トラブルに関するよくある質問

最後に、工場の機械トラブルに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.有名メーカー製の機械を使用すればトラブルを防ぐことができる?
A.断言できません。有名メーカー製の機械であっても、何らかの理由でトラブルが起きることはあります。

Q.従業員の勉強会を就業後に行う場合は時間外労働にカウントすべきか?
A.はい。業務に関連する内容であれば、本来就業時間内に行うべきものだからです。したがって、就業後に行う場合は時間外労働にカウントし、時間外手当を支給すべきでしょう。

Q.レンタル中に機械トラブルが発生した場合はレンタル業者に保証してもらえる?
A.レンタル業者との契約内容によるため、確認が必要です。ただし、新しい機械との入れ替えは可能であっても、トラブルによる損害賠償を請求するのは難しいことが多いでしょう。

Q.工場の機械トラブルを予防するには何年ごとに入れ替えるべきか?
A.特に決まりはありませんが、10年前後での入れ替えを目安にするとよいでしょう。工場機械の寿命は、種類にもよりますが大体10~15年になるからです。

Q.工場の機械トラブルが再発した場合はどうすべきか?
A.前回トラブルが発生した際、対処が不十分だったことが考えられます。いま一度、トラブルの原因を検証すると共に、対処法や予防法を徹底してください。

まとめ

今回は、工場の機械トラブルについて詳しく解説しました。工場で機械トラブルが発生すると、不良品が発生したり納期遅れにつながったりして、大きな損害につながることがあります。場合によっては、従業員のケガや命に関わることもあるため、軽く見てはいけません。まずは、普段から機械のメンテナンスをきちんと行うと共に、従業員に正しい操作方法の教育を徹底させることなどが必要です。万が一機械トラブルが発生した場合は、従業員にトラブルの内容を共有し、再発を防ぐようにしましょう。