転職に有利な資格には何がある? 効率よく取得するコツも詳しく!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

転職に有利な資格ってどんなものか、知りたくありませんか。ライバルと差をつけ、企業から欲しい人材だと評価を受けるためにも、なるべく転職に有利な資格を取得しておきたいですよね。そこで今回は、転職に有利な資格について詳しく解説しましょう。

  1. 最近の転職事情について
  2. 転職に有利な資格は?
  3. 技術系の資格取得は再就職に有利
  4. 資格を効率よく取得する方法
  5. 転職に有利な資格に関するよくある質問

この記事を読むことで、資格の勉強方法も分かり、転職準備に役立てることができます。まずは、記事を読んでみてください。


1.最近の転職事情について

最初に、最近の転職事情について詳しく見ていきましょう。

1-1.転職市場は求職者に有利な状況

最近の転職市場は、労働人口の減少による人手不足の影響から、求職者に有利な状況が続いています。条件を高望みしなければ、何らかの職業に就くことができることでしょう。しかし、企業が求めている人材と転職希望者の条件がマッチしないため、転職希望者が多くいるにもかかわらず、ますます人手不足となっているのが現状です。

1-2.未経験分野でも資格取得で道が開ける

転職活動で企業が求める人材になるためには、資格取得が有効です。もちろん、希望の職種に合った資格である必要があります。実務未経験であっても、資格取得によってやる気とポテンシャルを高く評価してもらえることもあるでしょう。ライバルと差をつけるためにも、どんな資格を取得するといいのか調べてみてください。

2.転職に有利な資格は?

せっかく取得するのなら、転職に有利な資格を選びましょう。

2-1.職種によって転職に有利な資格が異なる

転職に有利な資格は、職種によって異なります。まずは、自分が目指す職種でどんな資格が重宝されるのか確認しておきましょう。

  • 営業系職種:中小企業診断士・宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・普通自動車運転免許など
  • 事務系職種:日商簿記検定・秘書検定・社会保険労務士・Microsoft Office Specialist(MOS)など
  • 技術系職種:基本情報技術者・危険物取扱者・電気工事士・電気主任技術者・電気工事施工管理技士など

2-2.女性に有利な資格とは

女性の転職に有利な資格には、以下のようなものがあります。

  • 日商簿記検定
  • Microsoft Office Specialist(MOS)
  • 社会保険労務士
  • 第二種衛生管理者

上記の中でも、第二種衛生管理者は常時50人以上の従業員を抱える企業にとって必要不可欠であり、有利に進めやすいでしょう。

2-3.子育て中でも資格取得は可能

子育て中の女性でも、転職に向けての資格取得は可能です。子育てとの両立は大変ですが、よりいい条件で転職・再就職を果たすためにもできることをやっておきましょう。子育て中の取得がおすすめな資格には、2-2でご紹介した資格に加え、以下のようなものがあります。

  • 医療事務
  • 介護事務
  • ファイナンシャルプランナー

2-4.30~40代には即戦力になる資格がおすすめ

転職に有利な資格の種類は、年齢によって異なります。転職を成功させるためには、それぞれの年代で需要が高い資格にチャレンジするのもいい方法です。

  • 10~20代:秘書検定・日商簿記検定・ファイナンシャルプランナーなど
  • 30~40代:中小企業診断士・社会保険労務士など
  • 50代~:第二種電気工事士・危険物取扱者・登録販売者など

2-5.転職希望先で需要が高い資格を優先する

転職活動を有利に進めるためには、企業から需要が高い資格を優先して取得するといいでしょう。転職先でどんな資格を望んでいるのかは、求人情報から分かります。たとえば、求人欄に「資格取得者は優遇」などと記載があるものです。また、特に記載がなくても業務内容から判断したり実際に働いている人で取得者が多かったりする資格を優先するといいでしょう。

2-6.欲張りすぎると全滅する

資格取得も、欲張りすぎてはいけません。特に、国家資格レベルになると難易度が高く、相当の準備が必要なものが多くあります。複数の資格取得を計画しても、中途半端な状態では全滅することもあるでしょう。優先順位をつけ、無理をせずにひとつずつ確実に取得を目指すことをおすすめします。

3.技術系の資格取得は再就職に有利

技術系の有資格者は深い専門知識を身につけた証拠となり、再就職で有利となります。

3-1.技術系の資格で転職に有利なものは?

転職には技術系の資格が有利です。中でも、電気工事関連の資格は特に需要が高く、どんな企業からも重宝されます。電気工事は、法律により一定の資格取得者だけが行えるからです。電気工事関連の主な資格については、以下をご覧ください。

  • 電気主任技術者:事業用電気工作物の工事・維持・運用に関する保安の監督を行う
  • 電気工事士:一般用電気工作物および500kW未満の自家用電気工作物の工事を行う
  • 電気工事施工管理技士:電気工事を管理・監督する

3-2.技術系資格は難易度が高いものが多い

電気関連の技術系資格のランキングは、難易度が高い順に以下のとおりです。第一種~第三種電気主任技術者は、それぞれ合格率が数%となり最難関資格となります。

  1. 第一種電気主任技術者
  2. 第二種電気主任技術者
  3. 第三種電気主任技術者
  4. 電気工事施工管理技士1級
  5. 第一種電気工事士
  6. 電気工事施工管理技士2級
  7. ​第二種電気工事士

電気関連の企業へ転職を目指すなら、まずは、第二種電気工事士からチャレンジするといいでしょう。

3-3.難易度の高いものは無理をしない

転職に有利な資格ほど、難易度が高く合格が難しくなります。転職前に取得できたほうが有利ですが、無理をしないようにしましょう。まずは、頑張れば手に届きそうな資格から取得し、ステップアップしていくことがおすすめです。転職活動の際、取得済みの資格以外にもチャレンジしていることをアピールすれば、企業にも好印象を与えることができるでしょう。

4.資格を効率よく取得する方法

資格取得を効率よく行う方法をご紹介しましょう。

4-1.資格を厳選し優先順位をつける

さまざまな資格の中でも、転職に有利な資格を厳選し、優先順位をつけて受験することが大切です。興味のある資格でも、転職に役立たないものもあるでしょう。転職に有利な資格であっても、転職を希望する企業や業種で生かせないものでは困ります。また、同じ資格でも難易度の低い下位資格から取得すると自信がつくでしょう。

4-2.受験日程を確認し学習スケジュールを組む

取得したい資格が決まったら、受験日程を確認してください。資格によっては、年に1~2回程度のチャンスとなり、受験申し込みが早めに締め切りとなるので注意しましょう。受験日程を確認したら、受験当日に向けて学習計画を立ててください。仕事をしながら目指すのなら、できるだけ準備期間を長くして、1日当たりの学習量を減らすことをおすすめします。平日に時間がないのなら、休日にまとめて時間を取ってもいいでしょう。無理なく学習できるスケジュールを組み、コツコツと続けることが大切です。

4-3.通信講座などを有効活用するのが近道

合格を確実につかむためには、通信講座などを有効活用するのが近道となるでしょう。評判のいいものでは、試験の傾向に合わせ必要な実力が無理なくつくようにプログラムされています。ポイントが分かりやすく解説してあるので、挫折せずに学習できることでしょう。なお、当SATでも数多くの資格試験講座をご用意しています。実際に利用した方々から、ご好評をいただいているものばかりですから、ぜひご検討ください。

5.転職に有利な資格に関するよくある質問

最後に、転職に有利な資格に関する質問に回答します。それぞれ目をとおしてください。

Q.資格を取得すれば転職先で資格手当がもらえる?
A.資格の種類と企業の給与規定によります。まずは、転職希望先の企業に資格手当制度があるか調べてみるといいでしょう。

Q.資格を取得しただけでは実務経験者に負けてしまうのでは?
A.確かに、資格を取得しただけの人と実務経験者では、実務経験者のほうが即戦力として魅力的です。しかし、経験年数が長くても能力が高いとは限りません。転職試験では、実務経験者に負けないポテンシャルと魅力を感じさせるように努力しましょう。

Q.面接で資格をアピールするにはどうすればいい?
A.自己アピールの場面で、入社後にやりたいことを示し、そのために資格を取得したことを伝えるといいでしょう。履歴書に資格名を記入しただけでは、面接官の印象に残るとは限りません。せっかく転職のために取得したのですから、自らどんどんアピールしましょう。

Q.履歴書に書く資格の種類は厳選するべきか?
A.数多くの資格を取得している場合は、転職先に合うものを優先順位をつけて書くことをおすすめします。趣味で取得した資格で仕事に関係ないものは、除外しておきましょう。

Q.在職中に資格取得したほうがいい?
A.できれば、在職中の資格取得をおすすめします。資格取得をしてから転職活動に進んだほうが、余裕を持って対応できるからです。退職後は自由な時間が増える分怠けやすいため、きちんとしたスケジュール管理と強い意志が必要でしょう。

まとめ

今回は、転職に有利な資格について詳しく解説しました。転職活動で成功するためには、入社後にどんなことができるか・やりたいかをアピールすることが大切です。資格取得は、特定の分野で高い能力を持つ証拠であり、企業にとっても採用の可否を判断する際に重要なポイントとなります。まずは、希望する業種や企業に転職するためには、どんな資格を取得すると有利か調べてみましょう。企業によっては、実務未経験でも資格取得者のポテンシャルとやる気を高く評価してくれるところもあるので、無理だとあきらめずチャレンジしてみてください。