施工管理の仕事内容を紹介! 仕事に就くために必要な資格は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建設・建築・リフォーム工事をする際は、現場の作業だけでなく施工管理も大切な仕事です。また、施工管理ができるようになると昇給や昇進もしやすくなるため、各種「施工管理技士」の資格取得を目指す人も多いことでしょう。さらに、施工管理の仕事に興味があるので、必要な資格や取得方法を知りたいという方もいると思います。

そこで今回は、施工管理の仕事内容や施工管理に就くために必要な資格などを紹介しましょう。

  1. 施工管理の基礎知識
  2. 施工管理を必要としている職場や適性
  3. 施工管理の仕事に就くために必要な資格
  4. 各種施工管理技士の資格取得方法
  5. 施工管理や施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、施工管理に必要な実務経験の期間や受験勉強のコツも分かります。施工管理技士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.施工管理の基礎知識

はじめに、施工管理の仕事内容や重要性を紹介します。

1-1.施工管理とは工事の日程や安全を管理する仕事

施工管理の仕事は、大きく分けて2つあります。1つは工事の日程・品質・安全の管理をする仕事です。工事が大規模なものになるほど、工程は複雑になっていきます。また、小規模な工事であっても工程管理がなければスムーズに工事は行えません。もう1つは技術者の監督になります。大規模な工事になるほど多くの技術者が関わるので、その人たちを統括・監督するのも大切な仕事です。監督の指示が的確なほど工事はスムーズに進むでしょう。なお、施工管理者は現場では主任技術者・監理技術者に選任されます。

1-2.施工管理者の責任は重大

施工管理者は、4大管理といわれる原価管理・工程管理・品質管理・安全管理をすべて行わなければなりません。工事が納期内に適切な予算で進むかどうかは、施工管理者の手腕にかかっていると言えるでしょう。また、工事の品質も施工管理者の仕事ぶりに左右されます。そのため、現場によっては施工管理者の仕事は膨大になることもあるでしょう。しかし、その分給与もよくなり達成感ややりがいも感じられるはずです。

2.施工管理を必要としている職場や適性

この項では、施工管理が必要な職場や適性を紹介します。

2-1.施工管理者はすべての工事現場に必要

建築業法では、すべての工事現場に主任技術者か監理技術者のいずれかを選任しなければならないと定めています。なお、工事を請け負った元請けの下請契約の請負代金額が4,000万円以上 (建築一式工事の場合は、6.000万円以上)の場合は、監理技術者の選任が必要です(それ以下の場合は主任技術者で可)。

2-2.施工管理の仕事は技術力だけでなくコミュニケーション能力も必要

施工管理の職務の中には、技術者への指導や監督も含まれます。また、発注者との打ち合わせが頻繁にある仕事もあるでしょう。施工管理者は知識や技術の高さはもちろんのこと、コミュニケーション能力も大切です。さらに、経験が役立つことも多いでしょう。そのため、施工管理の仕事ができる人は、定年を超えても働ける可能性も高くなります。

3.施工管理の仕事に就くために必要な資格

この項では、施工管理の仕事に就くために必要な資格や経験について紹介します。

3-1.施工管理の仕事に就くために必要な資格と経験

施工管理の仕事に就くには、2つの方法があります。1つは施工管理技士の資格を取得することです。また、工事に関する実務経験を積めば主任技術者の選任を受けることができます。必要な実務経験は学歴によって異なり、最長は10年、最短では3年です。ただし、監理技術者は施工管理技士の資格を取得しないと選任を受けることはできません。

3-2.施工管理技士の資格は6種類

施工管理技士には、以下のような6つの資格があります。

  • 土木施工管理技士
  • 建築施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 造園工管理技士
  • 建設機械施工技士

また、それぞれの施工技士は1級と2級の資格区分があり、2級は主任技術者、1級は監理技術者の選任を受けることが可能です。1級を取得したほうが仕事の幅が広がるので、ぜひ1級の取得を目指しましょう。

3-3.施工管理技士の資格を取得すると昇給や昇進の足がかりになる

施工管理技士の資格を取得していれば、取得した資格に関する工事で主任技術者や監理技術者の選任を受けることができます。次の項で詳しくご紹介しますが、施工管理技士の資格を取得するには一定の実務経験が必要です。そのため、経験・技術・知識の証明にもなるでしょう。施工管理の仕事に就くことができれば、昇給・昇進も大いに期待できます。さらに、転職にも有利となるでしょう。

4.各種施工管理技士の資格取得方法

この項では、施工管理技士の資格取得方法を紹介します。

4-1.施工管理技士は資格試験を受けて取得する

施工管理技士は、資格試験を受けて合格すれば取得できます。講習を受けたり申請をしたりしても取得できないので、注意しましょう。

4-2.資格試験を受けるには一定の実務経験が必要

資格試験を受けるには、一定の実務経験が必要です。ほとんどの資格で2級は受験資格を得るための実務経験が短いので、まずは2級を取得し、さらに経験を積んで1級に挑戦する人もいるでしょう。1級を受験できる実務経験がある場合は、2級を受けずに1級を受験してもかまいません。

4-3.試験は学科試験と実地試験がある

施工管理技士の試験は学科試験と実地試験があります。学科試験に合格しなければ実地試験は受けることができません。それぞれの試験内容については以下の記事にも詳しいので、ぜひ併せて読んでみてください。

5.施工管理や施工管理技士に関するよくある質問

この項では、施工管理や施工管理技士に関する質問を紹介します。

Q.施工管理の仕事は、20代では就くことが難しいでしょうか?
A.そんなことはありません。たとえば、大学で土木や電気・建築に関する学部を卒業していれば、最短で6か月あれば2級の施工管理技士の受験資格が得られます。

Q.安全管理者になるには何か試験を受けなければならないでしょうか?
A.安全管理者の選任を受けるのに、試験に合格する必要はありません。主任技術者や監理技術者が安全管理者を兼ねる現場が多いでしょう。

Q.主任技術者や監理技術者に選任された場合、現場仕事をすることはできなくなりますか?
A.はい。施工管理や現場監督の仕事だけで手いっぱいになることが多く、現場仕事はほぼできなくなるでしょう。

Q.たとえば、同じ現場で電気工事と配管工事を行う場合、施工管理技士も両方で必要になりますか?
A.はい。そのとおりです。

Q.施工管理技士の資格を取得すれば定年を超えても仕事をしやすいと聞きました。
A.はい。主任技術者や監理技術者を選任できなければ工事は行えないので、有資格者はどこでも重宝されます。定年を超えて働き続ける人もたくさんいるでしょう。

まとめ

最後まで記事を読んでいただいた方ならば、施工管理技士の資格を取得するメリットがお分かりいただけたと思います。施工管理技士は、仕事をしながら取得する必要があり、忙しい職場だと勉強時間を捻出するだけでも大変でしょう。しかし、頑張って取得する価値がある資格です。受験資格があるなら、ぜひ取得を目指しましょう。